ZIX studio ブログ

大阪ミナミ・日本橋駅から徒歩10秒のリハーサルスタジオ
【今月開催】J.A.T.P.(ジャズ・アット・ザ・フィルハーモニック)物語

J.A.T.P.(Jazz At The Philharmonic)は、1983年まで続いた伝説のジャズ公演です。まだ戦争中だった1944年、ロサンゼルスでの第1回公演が大成功を収め、その後全米ツアーを皮切りに一世を風靡し、興行主のノーマン・グランツは、Verve (ヴァーブ)やPablo(パブロ)といった名門レーベルを立ち上げました。

 

そのステージはスウィングやバップのジャムセッションでした。日本では1953年に東京と大阪で初めて開催され、東京公演のライブLP盤(写真左)は、いま聴いてもワクワクさせてくれるだけでなく、戦後のジャズ全盛期にタイムスリップさせてくれるのです。

 

来日したのは、エラ・フィッツジェラルド(Vo)、オスカー・ピーターソン、レイモンド・チュニア(P)、ハーブ・エリス(G)、レイ・ブラウン(B)、ジーン・クルーパ、J. C. ハード(Ds)、ロイ・エルドリッジ、チャーリー・シェイヴァース(Tp)、ビル・ハリス(Tb)、ウイリー・スミス、ベニー・カーター(As)、ベン・ウェブスター、フリップ・フィリップス(Ts)のレジェンド達でした。

 

既に神の領域に到達していたバディ・リッチはJ.A.T.P.常連ドラマーでしたが、来日しませんでした。もちろん来日したジーン・クルーパやJ. C. ハードもトップドラマーでしたが、がっかりした日本のファンは少なからずいたのではないでしょうか。

 

ちなみにその前年の1952年、NYのカーネギーホールで開催された第15回J.A.T.P.のライブLP盤(写真右)では、ジーン・クルーパとバディ・リッチのドラムバトルが収録されているのですが、会場はまるでボクシング世界ヘビー級タイトルマッチかと思うほどの熱狂ぶりです。

 

しかし栄枯盛衰は世の習いと言われる通り、これだけ隆盛を極めたジャズでしたが、本場アメリカではまずスウィングが、そしてバップも下火になっていきました。一方、ヨーロッパと日本にはまだ根強いファンがいましたが、それでも1983年に開催された30年ぶりの日本公演が、最後のJ.A.T.P.になってしまいました。

 

レーベルのヴァーブやパブロも紆余曲折を経て、ユニバーサルミュージックに吸収されましたが、2017年にユニバーサルミュージックが、34年の歳月を経て日本でJ.A.T.P.を復活させたのです(出演:八代亜紀/寺井尚子/桑原あい、@東京三越劇場)。古いスタイルにはこだわらない日本発新生J.A.T.P.の誕生でした。

 

そして2018年も、10月31日(水)にJ.A.T.P.が開催されます(出演:佐藤竹善×上妻宏光/桑原あい ザ・プロジェクト/高岩遼、@東京日本橋三井ホール)。今年も日本ならではの素晴らしいステージになりそうです。

 

J.A.T.P. In Tokyo - Live At The Nichigeki Theatre 1953, Jazz At The Philharmonic - Norman Granz Jazz At The Philharmonic Vol.15

(左)J.A.T.P. In Tokyo - Live At The Nichigeki Theatre 1953

(右)Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol. 15

| 店長 | 徒然日記 | 16:14 | comments(0) | trackbacks(0) | -
花蓮が拝める穴場

毛馬桜之宮公園では蓮の花が咲き始めました。長居公園の蓮池と比べると小さな池ですが、こちらは無料です。またここはあまり知られていないのか人も少なく、街の喧騒を少し離れるだけで別世界が広がります。

 

太鼓橋の奥は「ザ・ガーデンオリエンタル大阪」(旧大阪市公館)になり、その昔は藤田男爵のお屋敷「網島御殿」がありました。そんな風雅な橋の上でアコースティックライブができれば最高のステージになりそうですな。

 

花蓮

 

花蓮

| 店長 | 徒然日記 | 20:08 | comments(0) | trackbacks(0) | -
驚異的なスゴ過ぎギタリスト

世界にはとんでもないギタリストがいるものです。詳しいプロフィールは不明ですが、イタリアのMatteo Mancuso(マッテーオ・マンクーゾ)がその人です。

 

まるでギターが身体の一部であるかのような滑らかなフィンガー・ピッキング・スタイルでヤマハREVSTARを操り、織り成すジャジーなフレーズは非常に奥深くて魂をシビれさせてくれるのです。

 

何はともあれ、定番のチキンとスペイン、そして極め付けに圧巻のドナ・リーを貼り付けてみました。

 

The Chicken - Matteo Mancuso - Riccardo Oliva - Salvatore Lima

 

Chick Corea - Spain (SNIPS Cover)

 

Matteo Mancuso - Donna Lee (Charlie Parker)

| 店長 | 徒然日記 | 15:09 | comments(0) | trackbacks(0) | -
地震の予兆?大川の水位がドーンと上がってドーン下がっていた

今朝の大阪北部地震、大丈夫でしたでしょうか。うちは色々な物が倒れただけで済みましたが、まだエレベーターが止まっています。汗

 

毎日、大川(旧淀川)の河川敷を自転車で駆け抜けるのですが、昨日はいつもと違う光景を目にしました。

 

大川沿いの毛馬桜之宮公園には、ピーカン晴れになると数十匹の亀が一斉に甲羅干しする面白いスポットがあるので、毎日タートルウォッチングしているのですが、昨日の朝はそこの水位がいつもより1m以上高くなって浸水していたのに、夜には川床が露わになるほど干上がっていたのです。

 

大川の水位は毛馬の水門で調整しているので、もしかするとその影響かもしれませんが、たった半日でここまで大きく水位が変化することは滅多にありません。しかも梅雨入りはしましたが、まだそれほどの大雨や日照りがあったわけでもないのです。

 

地震の前には池や井戸の水位が下がるという言い伝えもありますが、しばらく大川の水位は要チェックかもしれませんな。汗

| 店長 | 徒然日記 | 18:16 | comments(0) | trackbacks(0) | -
数ある「サニー」の中でもお気に入りの「サニー」

今日も春爛漫です。そして私は「春眠暁を覚えず」の毎日です。汗

 

今日のような晴れ渡る日を SUNNY DAY と言いますが、ソウルの名曲「SUNNY」は(太陽のように)大切だった人のことを歌っています。

 

という訳で「SUNNY」は歌が大事な曲なのですが、今のお気に入りは、このインストです。

 

ドイツのサグマイスタートリオの演奏で、映像を見る限り20〜30年前のライブではないでしょうか。でもこれがまた凄く引き込まれるんです。

 

Sunny - Sagmeister Trio

| 店長 | 徒然日記 | 12:32 | comments(0) | trackbacks(0) | -
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

このページの先頭へ