ZIX studio ブログ

大阪ミナミ・日本橋駅から徒歩10秒のリハーサルスタジオ
<< ネジは優しく締めるに限る | main | もうそろそろ自粛ムードはいいのでは >>
キーボードアンプを入れました
Aスタジオに、キーボードアンプ(Roland KC-150)を設置しました。



Roland KC-150
| 店長 | スタジオ機材 | 17:46 | comments(3) | trackbacks(0) | -
くるまえび様、キーボードアンプをスタンドに乗せました。
やはり、全然違います。
よく聞こえるようになりましたよ。
ぜひ、お試しください。
ご意見、ありがとうございました。
| ZIX studio | 2011/08/29 3:02 PM |

くるまえび様、貴重なご意見ありがとうございます。考えられる原因と対策をご案内させていただきます。

キーボードの出力値をMAXにされていて、キーボードアンプ(Roland KC-150)からライン出力しているパワードミキサー(YAMAHA EMX312SC)のチャンネルのレベルも上げられていたという前提で回答させていただきます。もし、このどちらかが欠けていますと、音量は小さくなります。

キーボードアンプの定格出力は65Wですので、12畳のAスタジオで鳴らすには不足ない出力なはずなのですが、おっしゃる通り、ギターアンプ(Marshall DSL100、Roland JC-120)やベースアンプ(Ampeg SVT450H)と比べますと、その出力は相対的に小さめです。ただ、パワードミキサーにもライン出力していますので、トータルすると、ギターアンプと同程度の出力が得られます。

それにもかかわらず、キーボードの音が聞こえにくい原因として、キーボードアンプと2本のSRスピーカー(EV SX300)の計3箇所からのトータル出力は十分でも、耳に一番近いキーボードアンプからの出力が、ギターアンプやベースアンプに負けているためだと思われます。

ただ、これらのギターアンプやベースアンプは、ライブ等でPAを使わなくても十分に音が通るアンプですので、必要以上に出力を上げられますと、12畳の部屋のキャパを超えた音量になってしまいます。

例えば、自分の音量が他のプレイヤーより小さいので出力を上げる。そうすると他のプレイヤーも負けじとさらに出力を上げる。さらに。さらに。というスパイラルにはまってしまうと、ちゃんとした音が聞こえなくなってしまいます。

一番の対策は、部屋の広さに見合った音量で演奏されることだと思います。つまり、メンバー全員の音が、それぞれしっかりと聞こえる音量に調整して演奏されるのが一番だと思います。

しかし、それでも大音量が好きだ。という方もいらっしゃると思います。その場合の対策として、キーボードアンプをスタンドに乗せることにより、より聞こえやすくなると思われます。近日中にスタンドを調達したいと思います。よろしくお願いいたします。
| ZIX studio | 2011/08/21 12:34 PM |

先日利用させていただきました♪
相談があります。。。
同じ部屋の他のアンプと比べてKC-150の出力が小さいため音が聞こえないのです。。。
ギターやドラムに合わせて音量をあげると、すぐに限界が来てしまい音割れ、故障につながるので抑えて演奏しているのですが、その状態で全員で演奏すると全くキーボードの音が聞こえず埋もれてしまいます。
KC-150の音が聞こえるようにギターアンプの音量を下げてもらうべきなのでしょうか??
| くるまえび | 2011/08/20 10:58 PM |










http://blog.zixstudio.jp/trackback/1153508
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

このページの先頭へ