ZIX studio ブログ

大阪ミナミ・日本橋駅から徒歩10秒のリハーサルスタジオ
<< ACアダプタってこんなにアバウトなものだったのか | main | メッセンジャー黒田プロデュース・主演 村上ショージ 『ポストへ』 >>
ギターのデザインは誰のもの
中国から輸入したパチモン・ストラトキャスターとテレキャスターを販売した業者が18日に商標法違反容疑で捕まりました。コピーモデルとしてではなく本物として販売してたようです。買ってしまった人、ご愁傷様です…

多くの楽器メーカーからコピーモデルが堂々と発売されているように、ギターのデザインは法律で保護されていません。つまり、ギターのデザインは誰のものでもないのです。

ギブソンが、バーニーのブランドでギブソンのコピーモデルを作っているフェルナンデスを、「もうコピーモデルを作ったらあきまへんで!」と訴えましたが一審で負け、控訴審でも平成12年に負けてます。

また4年前、フェンダーはストラトキャスター、テレキャスター、プレシジョンベースのボディ形状の商標登録を出願し、デザインの権利を独占しようとしましたが、米国商標審判部に拒絶されています。つまり、これらのデザインは今や一般的なものなので、決してフェンダーだけのものではなくなってしまっているのです。

訴訟や商標登録出願、本家本元の焦りが手に取るようにわかりますね。伝統を継承しつつ技術を進歩させることの難しさ。追いかけられる者の宿命ですな。

そういえばその昔、超円安でギブソンやフェンダーを買うことなど、夢のまた夢だった時代。日本ではオリジナルギターよりもコピーギターがあたり前のように作られていました。

当時のGrecoやFernandesのロゴは、明らかにGibsonやFenderのロゴをコピっていましたし、GabanやFresherというのもありました。もうこのスペルだけでどんなロゴだったのか想像付きますよね。おまけにGibsonと見間違えそうなTomsonというのまでありました。ここまで来るとお笑いですな。しかしそれほどまで当時のギブソン、フェンダーは憧れのブランドだったのです。

また当時はコピーモデルの品質が急速に進化していった時代でもありました。特にハイエンドモデルなどは、本家のギブソンやフェンダーを凌駕する出来栄えにまで進化していたと思います。いまジャパンビンテージとして見直されている所以ですな。
| 店長 | 徒然日記 | 15:03 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://blog.zixstudio.jp/trackback/1153594
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

このページの先頭へ