ZIX studio ブログ

大阪ミナミ・日本橋駅から徒歩10秒のリハーサルスタジオ
<< 今さらですが「音抜け」って何だ? | main | 吉本新喜劇座長「内場勝則」が舞台『FILL-IN』でドラマーになる >>
マーシャルのヒューズが飛んだのにヒューズのストックがないとき

それでも早くヒューズを交換してテストしたいところですが、Marshall JCM2000 DSL100のメインヒューズは、定格電圧250V、定格電流4A、長さ5/4インチ(31.8mm)のタイムラグ型という特殊な仕様なので、街の電気屋さんには置いていません。

 

しかしホームセンターでも購入できる普通の30mmヒューズに一工夫加えれば、急場しのぎの代役になります。もちろん定格容量は250V、4Aであることが必要ですが、タイムラグ型でなくても大丈夫です。

 

マーシャルのヒューズホルダーはスプリング内蔵なので、30mmのヒューズはそのままでも使えますが、僅か1.8mmの寸足らずで接点不良になることがあります。そこでヒューズの片方の電極にハンダを少し盛って、下駄を履かせてください。

 

これだけで「間に合わせ」ヒューズの完成です。ハンダは表面張力のおかげで垂れることなく、キレイに盛ることができますよ。

 

【注意】この代用ヒューズはあくまでテスト使用限定の「間に合わせ」ですので、速やかに標準仕様のヒューズに交換してください。

 

ヒューズ

左:当店で通常使用している5/4"タイムラグ型セラミック菅ヒューズ

右:手前の電極にハンダを盛った「間に合わせ」30mmガラス管ヒューズ

| 店長 | スタジオ機材 | 13:42 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://blog.zixstudio.jp/trackback/1153712
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

このページの先頭へ