ZIX studio ブログ

大阪ミナミ・日本橋駅から徒歩10秒のリハーサルスタジオ
<< テンダラー白川バンド「LIVEバトルロイヤル9」 | main |
スピーカーキャビネットのキャスターを外すときは要注意!

当店のベースアンプは、スピーカーキャビネット(Ampeg SVT-410HE)のキャスターを取り外してメタルラックに載せています。

 

ところが最近、同じベースアンプ4セットの内1セットで、特定の帯域の音がビビりだし、ついにコーン紙が破れたのかと思ったのですが、原因はキャスター取り外し跡の穴だということがわかりました。 汗

 

穴が開いた状態でも床に直置きする場合や、穴を養生テープで塞いでやればラックに載せてもビビらないのです。

 

SVT-410HEは密閉型のキャビなので、穴が開くことで空気の流れに微妙な変化が起こり、笛のような原理でキャビが鳴ったのでは?と思っています。

 

ジャズコのような背面開放型のアンプでは、あまり心配することはないのでしょうな。

 

ベースアンプ(Ampeg SVT-450H)とスピーカーキャビネット(Ampeg SVT-410HE)

| 店長 | スタジオ機材 | 14:48 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://blog.zixstudio.jp/trackback/1153747
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

このページの先頭へ