ZIX studio ブログ

大阪ミナミ・日本橋駅から徒歩10秒のリハーサルスタジオ
<< テンダラー白川バンド「LIVEバトルロイヤル11」 | main |
【今月開催】J.A.T.P.(ジャズ・アット・ザ・フィルハーモニック)物語

J.A.T.P.(Jazz At The Philharmonic)は、1983年まで続いた伝説のジャズ公演です。まだ戦争中だった1944年、ロサンゼルスでの第1回公演が大成功を収め、その後全米ツアーを皮切りに一世を風靡し、興行主のノーマン・グランツは、Verve (ヴァーブ)やPablo(パブロ)といった名門レーベルを立ち上げました。

 

そのステージはスウィングやバップのジャムセッションでした。日本では1953年に東京と大阪で初めて開催され、東京公演のライブLP盤(写真左)は、いま聴いてもワクワクさせてくれるだけでなく、戦後のジャズ全盛期にタイムスリップさせてくれるのです。

 

来日したのは、エラ・フィッツジェラルド(Vo)、オスカー・ピーターソン、レイモンド・チュニア(P)、ハーブ・エリス(G)、レイ・ブラウン(B)、ジーン・クルーパ、J. C. ハード(Ds)、ロイ・エルドリッジ、チャーリー・シェイヴァース(Tp)、ビル・ハリス(Tb)、ウイリー・スミス、ベニー・カーター(As)、ベン・ウェブスター、フリップ・フィリップス(Ts)のレジェンド達でした。

 

既に神の領域に到達していたバディ・リッチはJ.A.T.P.常連ドラマーでしたが、来日しませんでした。もちろん来日したジーン・クルーパやJ. C. ハードもトップドラマーでしたが、がっかりした日本のファンは少なからずいたのではないでしょうか。

 

ちなみにその前年の1952年、NYのカーネギーホールで開催された第15回J.A.T.P.のライブLP盤(写真右)では、ジーン・クルーパとバディ・リッチのドラムバトルが収録されているのですが、会場はまるでボクシング世界ヘビー級タイトルマッチかと思うほどの熱狂ぶりです。

 

しかし栄枯盛衰は世の習いと言われる通り、これだけ隆盛を極めたジャズでしたが、本場アメリカではまずスウィングが、そしてバップも下火になっていきました。一方、ヨーロッパと日本にはまだ根強いファンがいましたが、それでも1983年に開催された30年ぶりの日本公演が、最後のJ.A.T.P.になってしまいました。

 

レーベルのヴァーブやパブロも紆余曲折を経て、ユニバーサルミュージックに吸収されましたが、2017年にユニバーサルミュージックが、34年の歳月を経て日本でJ.A.T.P.を復活させたのです(出演:八代亜紀/寺井尚子/桑原あい、@東京三越劇場)。古いスタイルにはこだわらない日本発新生J.A.T.P.の誕生でした。

 

そして2018年も、10月31日(水)にJ.A.T.P.が開催されます(出演:佐藤竹善×上妻宏光/桑原あい ザ・プロジェクト/高岩遼、@東京日本橋三井ホール)。今年も日本ならではの素晴らしいステージになりそうです。

 

J.A.T.P. In Tokyo - Live At The Nichigeki Theatre 1953, Jazz At The Philharmonic - Norman Granz Jazz At The Philharmonic Vol.15

(左)J.A.T.P. In Tokyo - Live At The Nichigeki Theatre 1953

(右)Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol. 15

| 店長 | 徒然日記 | 16:14 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://blog.zixstudio.jp/trackback/1153750
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

このページの先頭へ