ZIX studio ブログ

大阪ミナミ・日本橋駅から徒歩10秒のリハーサルスタジオ
ダウンサイジング(小型化)への思い
高級ダウンサイジングスピーカを試聴してきました。技術の粋を集めた製品だけあって値段も一流で、何より邪魔にならないサイズというのは素晴らしいことです。ただ、ほどほどの音量で聞くには抜群の高音質なのですが、やはり重量級スピーカの臨場感あふれる音とは比較できませんね。

今や「ダウンサイジング」という言葉はよく使われていますが、初めてこの言葉を聞いたのは、バブルまっただなかの1990年頃でした。「大型汎用コンピュータはもう古い。ダウンサイジングで集中処理から分散化へ。」と、IT業界から雑誌に至るまで絶叫した甲斐があって、「バスに乗り遅れたら大変だ!」という理由だけのコンピュータシステムの再構築が大流行しました。

ところが1990年代後半には、分散化は手間も金も今まで以上にかかることが分かり、またまた集中処理が見直されることに。そして今は集中や分散という概念が無意味なクラウドの時代です。

だからという訳ではないのですが、「ダウンサイジング」のような一言キーワードで仕掛けられたトレンドには、何か胡散臭さを感じてしまいます。「クラウド」もそんな香りが少ししますね。

ところが、そんな「ダウンサイジング」という言葉のイメージを払拭してくれたのが、去年発売されたクルマのメルセデスA45AMGとCLA45AMGです。わずか2.0Lで360馬力もの出力を誇るダウンサイジングターボエンジンを搭載しているので、2.0L量産車では世界最強です。まだ街であまり見かけませんが、何しろ音がすごい…

これは、国産車最強とも言われる三菱ランエボXが同じ2.0Lですが300馬力なので、その差は馬60頭分ということになります。もちろん、最高出力だけでクルマの価値は測れせませんが、ワクワクさせてくれることだけは間違いありません。

今欧州車で加速しているエンジンのダウンサイジングターボ化ですが、日本では昨日「トヨタのハイブリッド車、グローバル累計販売台数が700万台を突破。」と発表されたように、ハイブリット化に尽力しているためか、この流れには乗り遅れているようです。しかし歴史を振り返れば、みんなが同じ方向を向くとろくな事がないので、これでいいのかもしれませんな
| 店長 | クルマ | 14:49 | comments(0) | trackbacks(0) | -
たいへんだったMINIバッテリー交換
怪我のため1年以上ほったらかしにしていた愛車のMINI。もう11年目になるとはいえ、ボディーにはホコリが積もり、窓ガラスはまるですりガラスのようで哀れな状態です。当然バッテリーは上がってしまったので、バッテリー交換に初挑戦してみました。

まずバッテリーを買う前に、本当に自分でバッテリーを取り外すことができるのかを試したところ、MINIの純正バッテリーはハンドル等持つところがなく、手の平すら入らない小さな箱に入っていることがわかりました。しかも、場所が場所で前かがみの体勢で取り出す必要があり、あえなく挫折して仕切りなおしです。

そこで参考になったのがこのサイト(みんカラ)。特に取り出す体勢が参考になります。この方は手の力だけで取り出されたようですが、自分はバッテリーの回りにヒモを巻いて、なんとか取り出すことに成功。この達成感に感激です。あー、腰が痛かった。

取替え用に買ったBOSCHのバッテリーは、ハンドル付きなので取り付けは楽ちんでした。しかしここまで苦労してバッテリーを交換しても結局エンジンはかからず、泣く泣くレッカー車で修理工場行きとなったのです。

長期間クルマを放置していたため、ガソリンが変質して燃料ポンプが詰まってしまったようで、他にも修理やなんやらで・・・

燃料ポンプ交換:10万円、パワーウィンドウ修理:6万円、リモコンキー紛失:4万円、バッテリー交換作業:プライスレス。お金で買えない価値がある。買えるものは3月中に。

BMW MINI COOPER バッテリー
| 店長 | クルマ | 18:40 | comments(0) | trackbacks(0) | -
超円高なのに輸入品の値段がなかなか下がらないし、クルマの値段もおかしくないか?
先月、YAMAHAがジルジャン・シンバルを値下げしました。円高差益還元、熱烈大歓迎です。ぜひ他社も追随してほしいです。ジックススタジオのシンバルは全てSABIAN AA Seriesでしたが、今後はその競合機種でもあるA Zildian Seriesも試してみたいと思います。

ところで、これだけ円高が続いてるのに、どうして輸入製品の値段がなかなか下がらないのでしょうか?特にクルマ好きの私としては、今のクルマの価格に大きな疑問を持っています。

例えば、今はドイツ車になったミニ JCWの場合、日本での価格は約370万円ですが、米国での価格は約29,000ドル(約220万円)。日本より40%も安いのです!

同じくドイツ車のメルデセデス・ベンツ C63 AMG Sedanは、日本での価格は1,000万円を超えますが、米国での価格は約58,000ドル(約450万円)。なんと日本の半額以下!

日本で外車が高い理由の一つが、「日本の法律に合うよう仕様変更した上に装備も充実させているから」らしいのですが、これだけ大きな価格差になってくると、それだけでは説明できないと思います。なんと言っても米国ではドイツ車が適正な価格で売られているんですから!しかも、日本はクルマの関税が0%で、米国では2.5%の関税がかかっているのにですよ!

国産車の価格もまた大きな謎です。例えば、レクサス IS250 AWDの国内価格は約410万円ですが、米国での価格は約38,000ドル(約290万円)。日本より30%も安くなっています。

これらは特殊な例ではありません。ほぼ全てのクルマの価格がこんな状況です。いま、クルマが売れなくなったと言われていますが、このような不思議な高い値札が付いていることも一つの要因ではないでしょうか?

なかなか欲しいクルマが買えない者の愚痴でした・・・

(表示価格は消費税抜きメーカー希望小売価格。1ドル77円で換算。)
| 店長 | クルマ | 18:22 | comments(2) | trackbacks(0) | -
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

このページの先頭へ